結婚をしたら、どんな相手であっても多少の理想と現実の違いを感じることはあるでしょう。
結婚相手がどうこうということでなく、結婚には責任が伴いますから、結婚という社会的な制度に対して、理想と現実とは違って厳しいんだと実感する要素もあります。

スポンサードリンク

結婚 理想と現実

結婚は、1度してしまったら、離婚はできても後戻りはできません。
離婚という前進になります。

理想と現実の溝を埋めるようにして、結婚に安易な決断をしないことが大切です。
結婚をする理由に、どのようなものがあるでしょう。

男性や誰かに、常にそばにいて欲しいから、子供が欲しいから、一人はさみしいから、老後を一人で迎えるのはあまりにも不安だからなど、いろいろあります。

結婚経験者の意見に、彼とであればハッピーな出来事は倍増し、悲しい出来事は半減させられるというものがあります。

結婚は、他人同士が家族を築き上げていくものですから、協力しあうことが必要なのです。
結婚の理想と現実を乗り越えられるのは、共に過ごす時間の過ごし方なのかもしれません。

結婚は、どんな相手とするのかも重要なことですが、結婚してからの人間は日々成長し、変わっていける生き物です。

縁があって結ばれる機会を得たのであれば、無理な相手なら初めから仕方ないものの、好意が互いにあるのなら、今後相手を自分の理想に、結婚生活の中で育ててみてはいかがでしょうか。

ファッションセンスや髪型を自分好みに決めてしまうだけでも、半年か1年で変わりそうです。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

結婚の理想と現実:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://i.m613.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。