育児の助言と正解

育児に100%の正解はありません。
子供によって、その状況によって、正しいことは常に変わるものです。
誰でも育児に関して、不安を抱くのは当然のことです。

スポンサードリンク

誰でも、親になるという可能性はあります。
しかし、それは子供が生まれて初めて感じることができるものです。
生まれたばかりの新しい命。その子の人生が、自分の手に委ねられていると思うと、不安にならないほうがおかしいでしょう。

しかし、育児は自分で考えて決めてやっていくことです。
誰かが指示してくれるわけではありません。
これが、親に対して非常に大きなストレスをかける原因になるのです。

周りの人に助言を求めるケースも出てくるでしょう。
しかし、助言を聞く場合には、少し気をつけてほしいことがあります。
一番助言を聞きやすいのは、自分の親だと思います。経験者の言葉は頼りになりますからね。
ただ、それが正解だと限らない、これを心に留めておいてほしいのです。

つまり、私たちの親世代は20年〜30年前の常識を元に考えているのです。
その頃は常識だったことも、時間が経って非常識に変わっている、ということも少なくありません。
また、「今の母親は」「私たちの頃はこうで、ああで・・・」といったお説教もプラスしてくることがあります。
ただ不安を取り除きたくて助言を求めたのに、かえってストレスになるということもあるのです。

そこで、専門家に助言を求めることもあると思います。
健康という問題に関しては、医師、保育士などのほうが知識がありますし、わからないことも助けてくれるでしょう。
ただし、あくまでも専門家の意見は「参考」にとどめておくほうがいいでしょう。

というのも、専門家は「誰にでも通用する」、つまり無難なことしか言えない場合が多いのです。
「それくらい平気ですよ」「放っておいても大丈夫ですよ」というようなことは、迂闊に言えない立場なのです。
なので、本当は大したことがなくても、一通りの知識を持ってそれなりのことを言ってくるわけです。
育児書も同じようなものですね。

冒頭で述べたように、育児に正解を求めてはいけません。
親によって、子供によって、状況、環境、様々なことが関係してくるものです。
助言はあくまで参考までに、決定するのはあなた自身なのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

育児と失敗のストレス
親からすれば、子供の行動というのは理解できないことがたくさんあります。 イライラ......
普通に愛せないストレス
母性本能は母親だけにあるものでしょうか。 言葉だけを見るとそんな風に思ってしまい......
育児ストレスとバタニティブルー
子は鎹(かすがい)と言う言葉、聞いたことがあると思います。 子供への愛情が夫婦仲......
育児の理想とストレス
有名な漫画家の方で「吉村明美」という方がいらっしゃいます。 この方が描かれた漫画......
育児と公園での母親同士の距離
子供に仕事があるとすれば、それは「遊ぶこと」ですね。 遊ぶことで、健全な体と心が......
育児におけるしつけとストレス
電車の中、スーパーの中、あらゆるところで「躾(しつけ)」を感じることが増えてきま......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

育児のストレスと悩み:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://i.m613.com/ikuji/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。