育児ストレスとバタニティブルー

子は鎹(かすがい)と言う言葉、聞いたことがあると思います。
子供への愛情が夫婦仲を保つ、ということですが、子供がいるからなんとかなっている、といったほうが現実味がありますね。
しかし、現代においてこの諺はあまり意味のないものになりつつあります。
育児をすることで、夫婦仲そのものが悪くなってしまうことが多いからです。

スポンサードリンク

「マタニティブルー」という言葉がありますね。
これは、産後の女性がホルモンの乱れ、育児への不安、出産による体力的負担からうつ状態に陥るというものです。
しかし、産後に不安になるのは女性だけではありません。
夫にとっても、育児のストレスは否応なくかかってくるものです。

どういうことかというと、妻の関心がなくなったということで「パタニティブルー」といううつにかかることがあるのです。
相手にされない、自分への愛情がなくなったという風に感じてしまうのですね。
夫婦二人ともうつになる、これでは育児どころではありません。

なぜ「パタニティブルー」になるのか。これは、産後への心構え、子供が出来るということへの覚悟が足りないからだと言われています。
女性は1年近くも前から子供の存在を感じていますので、心構えはとっくに出来ているのですが、男性は違いますね。
極端な話をすれば、子供が勝手に出てきた、突然出現したという感覚になってもおかしくはないのです。

また、妊娠後期からは性交渉も難しくなりますし、産後1ヶ月も女性の体のことを考えると無理でしょう。
そこにきて、女性は生まれたての赤ちゃんに手がかかりっきりで、自分には目もくれない。
夫婦間の意思疎通がなくなると、ストレスが鬱積してうつ状態に入っていく、こういうことなのです。

育児は夫婦揃って行うものですね。
母親だけで育てている方もいると思いますが、通常は父親の助けもあるものです。
妊娠してから出産までの間に、お互いにじっくり話し合うことが大切です。
性交渉のことも、納得するまで話し合ったほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

育児と失敗のストレス
親からすれば、子供の行動というのは理解できないことがたくさんあります。 イライラ......
育児の助言と正解
育児に100%の正解はありません。 子供によって、その状況によって、正しいことは......
普通に愛せないストレス
母性本能は母親だけにあるものでしょうか。 言葉だけを見るとそんな風に思ってしまい......
育児の理想とストレス
有名な漫画家の方で「吉村明美」という方がいらっしゃいます。 この方が描かれた漫画......
育児と公園での母親同士の距離
子供に仕事があるとすれば、それは「遊ぶこと」ですね。 遊ぶことで、健全な体と心が......
育児におけるしつけとストレス
電車の中、スーパーの中、あらゆるところで「躾(しつけ)」を感じることが増えてきま......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

育児のストレスと悩み:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://i.m613.com/ikuji/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。