育児の理想と現実の間で

理想の育児をするために日々ストレスを抱えながら頑張っている、と言う方も多いでしょう。
しかし、少し考えてみてほしいのです。
この「理想の育児」とは、いったい何なのでしょうか。

スポンサードリンク

育児書を読めば、「こうしなさい」と書いてあります。
しかしあくまでそれは一般的に、と言う意味です。
それでは、親の思うように子供を育てる、という意味でしょうか。
親の言うままに育てられた子供は、本当に幸せなのでしょうか。

はっきり申し上げると、「理想の育児」というのはありません。
親が勝手に頭に描いている、幻想なのです。
泣く子と地頭には勝てぬ、という慣用句が示すように、どれだけこちらが頑張ったところで子供が思うようになることはないのです。
思うようになる子供になってしまった時点で、育児は失敗だったと言わざるを得ないでしょう。

結局のところ、子供を思うようにするということは非現実的な考えなのです。
子供の存在がストレスになる、これは多かれ少なかれあって当然のことなのです。
大人でも言うことを聞いてくれない人に対しては、ストレスを感じますからね。

言葉で言うことは簡単ですが、どんな人でもやはり子供に対して理想を抱いてしまうものです。
しかし、理想を求めれば求めるほど、それはストレスという名前に変わって押し寄せてきます。
理想と現実は違うものだという認識を持たねばなりません。

子供は自分ではありません。他人なのです。
個性があります。意志があります。
それを思うようにすることなど、最初から無理な話なのです。

また、親が描く理想の多くは「立派になってほしい」「いい学校を出て良い会社に入って」といったものではありませんか?
これが子供の人生を幸せにするものだと、誰が言い切れるでしょう。
完璧な存在など、この世にはありません。
ですので、理想通りにならなくても、それをストレスに感じることは一切ないのです。

親として必要なことは、元気に健康に育ててあげること。
そしてしっかりと躾(しつけ)をしてあげることです。
必要な信念は、これだけあれば十分です。
自分よりも長生きしてくれればそれで万々歳、そういった考えで育児に向かうと、ストレスも減ってきますよ。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

育児と失敗のストレス
親からすれば、子供の行動というのは理解できないことがたくさんあります。 イライラ......
育児の助言と正解
育児に100%の正解はありません。 子供によって、その状況によって、正しいことは......
普通に愛せないストレス
母性本能は母親だけにあるものでしょうか。 言葉だけを見るとそんな風に思ってしまい......
育児ストレスとバタニティブルー
子は鎹(かすがい)と言う言葉、聞いたことがあると思います。 子供への愛情が夫婦仲......
育児の理想とストレス
有名な漫画家の方で「吉村明美」という方がいらっしゃいます。 この方が描かれた漫画......
育児と公園での母親同士の距離
子供に仕事があるとすれば、それは「遊ぶこと」ですね。 遊ぶことで、健全な体と心が......
育児におけるしつけとストレス
電車の中、スーパーの中、あらゆるところで「躾(しつけ)」を感じることが増えてきま......
育児の躾(しつけ)と感情の使い方
育児をする上で、躾(しつけ)は避けて通れない道です。 子供は成長して、いずれ社会......
育児のストレスと、4W1H
育児に楽をする方法はありません。 どんなに優秀な人でも、どんな方法をとっても、ス......
育児のうつ病とその要因
最近、育児世代の母親において「うつ病」が問題になっています。 うつ病というところ......

▲このページのトップへ