育児のストレスを楽しみに変える

育児をする上で、ストレスはずっと戦っていかなくてはいけないものです。
どんなに強い人でもストレスはたまります。
しかし、放っておくと体調を崩したり、うつ病の原因にもなってしまいます。

スポンサードリンク

だからといって、これを深刻に考えることはありません。
心の問題ですから、考え方や見方を変えていくだけでも、除々に回復していくものです。
ストレスを回避することよりも、溜めない方法を考えたほうが利口だといえます。

それではその方法を見ていきましょう。
最初は育児に関してです。
決して楽なことではありませんが、手がかかってひと時も目が離せないのは、長い時間の中のほんの一瞬です。
その期間さえ過ぎれば、後はさみしいくらい親から離れてしまうのが、子供というものです。

それはごくごく当たり前で、自然なこと。そうであるべきです。
なので、「これは長い時間の中でも貴重な体験なんだ」という意識に切り替えてしまいましょう。
子供が小さい今だから経験できる、貴重なことなんだと考えると、気持ちも軽くなっていきます。

そして子供に対して欠点ばかり見つけてしまっていませんか?
欠点は誰にでもありますし、それに対して長所は必ずついています。
欠点をなくす努力よりも、長所を活かすこと、これを考えてあげることが、子供にとっても幸せなことなのです。

また、子供に全てをかけるという考え方も、やめたほうがいいですね。
こう考えてしまうと、「私はこの子のためにこんなにもしてあげてるのに」という気持ちになってしまいます。
これは被害者意識の固まりです。つまり、子供に対して見返りを求めてしまっているのです。

本当の愛情とは、見返りを求めないものですね。
ちっぽけな被害者意識を育ててしまうと、育児がつまらないものになってしまいます。
子供にとっても悪影響ですし、親の精神衛生上よくありません。
育児を楽しみながらやっていくには、見返りを求めないことが重要です。

自分にとって大切なものは、他にもあるはずです。
育児も大切なことですが、まずは自分を大切にしてあげることが、子供のためでもあります。

育児を自分ひとりでやろうとすると、こういった意識になりがちです。
両親、祖父母、親戚、地域の人々。支えとなってくれる方は、あなたの周りにきっといるはずです。
なんでも抱え込まずに、みんながいてくれるという気持ちで、自信をもって育児していきましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

育児と失敗のストレス
親からすれば、子供の行動というのは理解できないことがたくさんあります。 イライラ......
育児の助言と正解
育児に100%の正解はありません。 子供によって、その状況によって、正しいことは......
普通に愛せないストレス
母性本能は母親だけにあるものでしょうか。 言葉だけを見るとそんな風に思ってしまい......
育児ストレスとバタニティブルー
子は鎹(かすがい)と言う言葉、聞いたことがあると思います。 子供への愛情が夫婦仲......
育児の理想とストレス
有名な漫画家の方で「吉村明美」という方がいらっしゃいます。 この方が描かれた漫画......
育児と公園での母親同士の距離
子供に仕事があるとすれば、それは「遊ぶこと」ですね。 遊ぶことで、健全な体と心が......
育児におけるしつけとストレス
電車の中、スーパーの中、あらゆるところで「躾(しつけ)」を感じることが増えてきま......
育児の躾(しつけ)と感情の使い方
育児をする上で、躾(しつけ)は避けて通れない道です。 子供は成長して、いずれ社会......
育児のストレスと、4W1H
育児に楽をする方法はありません。 どんなに優秀な人でも、どんな方法をとっても、ス......
育児の理想と現実の間で
理想の育児をするために日々ストレスを抱えながら頑張っている、と言う方も多いでしょ......
育児のうつ病とその要因
最近、育児世代の母親において「うつ病」が問題になっています。 うつ病というところ......
育児第1次反抗期と自己主張
育児をしていると、子供の反抗期にぶつかります。 これは避けて通れませんし、かかっ......

▲このページのトップへ