育児第1次反抗期と自己主張

育児をしていると、子供の反抗期にぶつかります。
これは避けて通れませんし、かかってくるストレスも大変大きなものです。
一般的に、3〜4歳ごろになると、子供は第一次反抗期を迎えます。
第二次反抗期はもっと後の話です。その頃になると、今度は自我の独立心が反抗心の元になります。

スポンサードリンク

どちらにしても、周囲の人に対して否定的で反抗的な態度が目立つようになります。
第一次反抗期は、第二次に比べればまだ可愛いほうです。
ご自分の反抗期の頃を思い出せば、わかると思います。
わけもなくイライラしたりしたことも、あったのではないでしょうか?

可愛いものといっても、第一次反抗期もなかなか手ごわいものです。
何しろようやく言葉を覚え初めたころにやってくるものです。
自己主張を、わけのわからない言葉でしようとしてきます。

何をしても「イヤイヤ」というこの頃の世代。
丁度幼稚園や保育園の時期になりますので、朝の支度の時間などは恐らく戦争でしょう。
「服を着なさい」「イヤイヤ」「トイレは行ったの?」「イヤイヤ」
親の言葉遣いが荒くなっても、仕方のないことでしょうね。

言っていることがなぜわからないのか、これがストレスの原因になります。
気持ちはとてもよくわかりますが、ここは親の我慢のしどころなのです。

会話の本質は、相互理解です。
相手に自分の意思が伝わらない、わかってもらえないというのは、とてもストレスのたまることです。
子供が「イヤイヤ」というばかりなので、自分の言っていることがわかってもらえてない、と思うでしょう。
しかし、子供にもストレスは同じだけかかっています。

なぜ「イヤイヤ」と言うのか。
これは子供にとってすれば、自己主張の練習をしているものなのです。
親を信頼し、主張できるようになったから出てくる言葉なのです。

親も喜怒哀楽の表現を、日々していると思います。
子供たちはそれを真似して大きくなっていきます。
見よう見まねで、それを真似ようとする結果「イヤイヤ」が連発されるわけです。
つまり、子供が順調に成長してくれている証拠なのですね。

子供が「イヤイヤ」と言ってきたら。
まずは責めたり否定したりするのはやめましょう。
子供のいいたいことを聞いてあげて、それを翻訳して理解してあげましょう。

子供にとってすれば、言葉が足りないことのストレスを感じています。
これを汲み取ってあげるのが、親の務めです。
うまく成長している段階ですので、大変だとは思いますが、付き合ってあげてくださいね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

育児と失敗のストレス
親からすれば、子供の行動というのは理解できないことがたくさんあります。 イライラ......
育児の助言と正解
育児に100%の正解はありません。 子供によって、その状況によって、正しいことは......
普通に愛せないストレス
母性本能は母親だけにあるものでしょうか。 言葉だけを見るとそんな風に思ってしまい......
育児ストレスとバタニティブルー
子は鎹(かすがい)と言う言葉、聞いたことがあると思います。 子供への愛情が夫婦仲......
育児の理想とストレス
有名な漫画家の方で「吉村明美」という方がいらっしゃいます。 この方が描かれた漫画......
育児と公園での母親同士の距離
子供に仕事があるとすれば、それは「遊ぶこと」ですね。 遊ぶことで、健全な体と心が......
育児におけるしつけとストレス
電車の中、スーパーの中、あらゆるところで「躾(しつけ)」を感じることが増えてきま......
育児の躾(しつけ)と感情の使い方
育児をする上で、躾(しつけ)は避けて通れない道です。 子供は成長して、いずれ社会......
育児のストレスと、4W1H
育児に楽をする方法はありません。 どんなに優秀な人でも、どんな方法をとっても、ス......
育児の理想と現実の間で
理想の育児をするために日々ストレスを抱えながら頑張っている、と言う方も多いでしょ......
育児のうつ病とその要因
最近、育児世代の母親において「うつ病」が問題になっています。 うつ病というところ......
育児のストレスを楽しみに変える
育児をする上で、ストレスはずっと戦っていかなくてはいけないものです。 どんなに強......
育児における上の子への配慮
近年の日本において、少子化は大きな社会問題になっています。 女性は早期の結婚が望......

▲このページのトップへ